アメリカではもう始まっている!女性の活用を後押しする女性目線で作られた農業用ツール

LINEで送る
[`evernote` not found]

女性のための農機具

女性による女性のための農業用ツール

アメリカのペンシルベニア州 New Tripoliに拠点を置く、Ann Adams氏とLiz Brensinger氏。
2人は2008年に女性のための農業園芸用ツールを紹介、開発する会社、Green Heron Toolsを設立しました。
きっかけは、ファーマーズマーケットで出会う女性たちと会話していた時によく聞いていた「扱う農機や道具が使いづらい」という悩み。
この農業を営む女性たちの悩みを突きつめていくと、男性に比べ女性の力が弱いからというだけではなく、工具の設計そのものが男性用に作られているからだということに気が付いたのだそうです。

そこで、アメリカ農務省の支援を得ながら、研究チームをつくり女性向けの農業用ツールの開発を行いました。

そうして生まれたHERS™ショベル

女性のための農機具hers

度重なる研究結果のすえ、男性と女性でショベルの使い方に違いがあったそうです。
それは、男性は地面に対してまっすぐ突き刺すようにショベルをおろすのに対して、女性は下半身の力を使って斜めにショベルをおろすということ。
そういった作業上の特性と平均的な女性の体格を考慮して生まれたのが、このHERS™ショベルです。

女性のための農機具使用

女性のための人間工学に基いて作られたこのHERS™ショベルは、重さ約1.3Kgという軽さ、斜めに突き刺しやすいよう角度が付いた先端、そして両手でつかむことができる大きな「Dハンドル」といわれる持ち手。
女性がこのHERS™ショベルを使用することで、最小限の力で最大限の効果を発揮することができるとのこと。

別売のDグリップも女性目線

女性のための農機具Dグリップ

さらに別売の「Dグリップ」は、かき出した土を手押し車などに放り入れる際に重宝するオプション品です。

女性のための農機具Dグリップ使い方

この「Dグリップ」を使うことで自然な持ち手で作業することができます。
このおかげで、体を必要以上にねじったり腕に負担がかかることなく作業ができるとのこと。

さらなる開発へ

女性のための農機具開発

彼女たちとその研究チームは、次に軽量でバッテリー駆動の新しいrototiller(耕運機)を開発しているとのこと。
すでに現在では、この新しい耕運機は開発段階も終了し、販売に向けて準備中であり、女性に向けた新しい製品を続々と開発、販売していくそうです。

女性目線の他社製ツールも取り扱うサイト

彼女たちが運営するサイト[greenherontools.com]では、彼女たちが開発したHERS™ショベルだけでなく、女性にとって使いやすい優れた農業園芸用ツールを取扱い、販売しています。
この取り扱い品には、以前ご紹介した日本の『hori-hori knife』も掲載されています。本当に海外では人気なんですね。
ご興味のある方は、下記のサイトページをご覧ください。
女性目線で選ばれたツール一覧

経由サイト:Finally, Farm Tools For Her [modernfarmer.com]


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/parallel.jp-takumi-noda/web/tsuchitomo/tsuchitomo/wp-content/themes/leaf/content-single.php on line 47